糖尿病性腎不全で障害厚生年金2級を受給した事例

相談者(性別・年齢)

50代 男性

 

傷病名

糖尿病性腎不全

 

決定した年金種類と等級

例 障害厚生年金2級   金額約120万円

 

受給事例

初診時のカルテがなかったケース

 

ご相談にいらした状況

透析準備の退院後、仲間内から障害年金の話を聞き自分も対象になるのではないかと思いお問い合わせを頂きました。糖尿病の初診は20年前と古く、初診時の病院にはもうカルテが残っていないと言われ障害年金の手続きの複雑さを感じご相談に来所されました。

 

相談から請求までのサポート

厚生年金と基礎年金を行き来していた方ですと、初診証明は大切なポイントになります。ご本人と打合せし、ご本人より当時の医師に相談し本人申立の上受診状況等証明書を記載頂きました。電子記録で日付は残っておりましたので、申請時にパソコンの画面コピーを合わせて提出しました。病歴申立書については今までの経緯を丁寧に伺い、転院をしていった経緯を細かく記入しました。現在透析を行っている病院へは手紙と受診状況証明書の写しを添付し、初診を整合性合わせてしっかり記載して頂けることになりました。

 

結果

2ヶ月で2級決定し、年金の支給ができました。ご本人が初診時の事を日付まで鮮明に覚えており、医師にしっかりお話しいただけたことが何よりも受給につながったと感じます。

 

受給事例の最新記事

腎疾患・腎不全・人工透析の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中