自営業の男性がくも膜下出血で働けなくなったケース

相談者(性別・年齢)

50代 男性

 

傷病名

くも膜下出血

 

決定した年金種類と等級

障害厚生年金2級   金額約80万円

 

受給事例

自営業の男性がくも膜下出血で働けなくなったケース

 

ご相談にいらした状況

自営業をされていたご主人がくも膜下出血で倒れ、のちに高次脳機能障害と左上下肢の麻痺に
より働けない状態となったそうです。

自営の仕事はご主人が一人で切り盛りしており、主に力を使う仕事であったため体に麻痺が残り、記憶や言語にも障害が残る状態となって自営に戻ることはできず今後奥様一人で家計も生活も支えていかなければならない状況でした。

初診日から一年半経過し障害年金の申請が出来る状態ではあるものの、自営業だったため初診当時基礎年金であったことから「障害年金が受給できるのか」ご不安で相談に来所されました。

 

相談から請求までのサポート

聞き取りを詳しく行い、奥様がフルタイムでお仕事をした後にご主人の介助をしている生活を聞かせていただきました。

実際にご主人とも面談をさせて頂き、会話をすることでどれくらいの会話力があるかどうか確認させて頂きました。

日常生活についても主治医の先生にご本人からしっかりと生活の不便さを伝えることが難しいご様子でしたので、お医者様への診断書作成サポートを行いました。

 

結果

結果として基礎年金2級の受給が決定しました。

医療費やリハビリなどの治療費、生活費の一部として経済的な貢献が少しでもできたことにホッと致しました。

 

受給事例の最新記事

脳疾患・心疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中