軽度知的障害ののち統合失調症を発症し厚生年金を受給したケース

相談者(性別・年齢)

20代 女性

 

傷病名

統合失調症

 

決定した年金種類と等級

障害厚生年金2級 金額約95万円

 

受給事例

軽度知的障害ののち統合失調症を発症し厚生年金を受給したケース

 

ご相談にいらした状況

お母さまが貴来所くださいました。娘さんが20歳の頃、知的障害で障害年金の申請を行ったが不支給だったそうです。

現在は統合失調症を患っており障害者雇用枠でも働けない状態となったため申請をしたいけれど、以前自分で申請をして不支給になっていることに不安を感じて相談にいらっしゃいました。

 

相談から請求までのサポート

統合失調症発症時、頑張り屋さんのご本人は障害者雇用枠で働いていました。

社会保険加入中に統合失調症を発症したため障害厚生年金で申請が出来る事をお伝えし、お手伝いをさせて頂くことになりました。

発症当時の様子をお母さまが詳しく日記をつけておられ、娘さんご本人も当時は記録を付けていらっしゃったのを参考に病歴就労状況申立書を詳しく書き、20歳の頃と現在では全く症状が異なり重度が増している事を伝えられるよう作成させて頂きました。

 

結果

結果として厚生年金の2級受給となりました。

いまだにご本人の病状は良い方向に向かっておりません。

一日でも早く、笑顔を取り戻してくれるようお祈りしております。

 

その他の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中