傷病手当金の受給が終了になっても傷病が治らず障害年金受給となったケース

相談者(性別・年齢)

30代 男性

傷病名

うつ病

決定した年金種類と等級

障害厚生年金2級 金額約135万円

受給事例

傷病手当金の受給が終了になっても傷病が治らず障害年金受給となったケース

ご相談にいらした状況

うつ病を発症し傷病手当金をもらいながら治療に専念されていましたが、1年半を経過しても病態は回復しなかったそうです。弊所のポスティングのチラシを半年前に見てから、ずっと気になっており傷病手当金が途切れることと障害年金の申請をけんぽ協会より提案があり意を決してご相談に来所されました。

相談から請求までのサポート

病院での診察の時間内ではなかなか伝えられない日常生活での不便や発病前の状態の聞取りを詳しく行い、直接お会いした際の所感を添えて書面を作成し診断書作成の参考にとお医者様にお渡ししました。

結果

障害厚生年金2級の受給が決定しました。経済的な不安は自分自身を追い込んでしまったり焦燥感にかられて気分の落ち込みを増悪させてしまったりします。今は治療に専念し、また社会復帰できることを祈っています。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中