双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者(性別・年齢)

50代 女性

傷病名

双極性感情障害

決定した年金種類と等級

障害基礎年金2級 金額約80万円

受給事例

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況

最初に弊所に相談のお電話された際は、布団の中からやっとの思いでかけておられました。直接お会いする予定も体調によりなかなか確定できませんでしたが、何とか来所いただき一生懸命お話くださいました。経済的な不安や自分が働けないことで夫や子供に迷惑をかけていることがさらにストレスとなって落ち込みが激しくなっており、何とか経済的な部分の補填として障害年金が受給できないかとのご相談でした。

相談から請求までのサポート

初診から1年半後には通院をしていない状態であったため事後重症申請を行いました。体調により来所が難しいようでしたのでお電話での聞取りでしたが、現在の状況についてひとつひとつ丁寧にヒアリングさせて頂きました。 発病以前は、家事が大好きで働くことが大好きだったのに病気が原因で今では意欲が喪失し何もできなくなってしまったなど状況の変化についても申し立てました。

結果

結果として、障害基礎年金2級が決定しました。障害年金を申請することで、病歴・就労状況等申立書の作成や診断書を自分自身の目で確認し自分の病気と向き合う時間が取れて良かったとおっしゃってくださったのがとても印象に残っています。支給が決定した際には経済的な負担が少し楽になったことで気持ちも楽になりましたとの言葉に安堵しました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中