脊髄小脳変性症で2級になったケース

相談者(性別・年齢)

40代 男性

傷病名

脊髄小脳変性症

決定した年金種類と等級

障害厚生年金2級 金額約410万円

受給事例

脊髄小脳変性症で2級になったケース

ご相談にいらした状況

フルタイム会社員で就労中、真っ直ぐ歩けずフラフラすることを度々感じるようになり、病院で検査をした結果脊髄小脳変性症の診断を受けたとのことでした。障害認定日頃は注射を打ちながら働いていたものの、仕事の量を更に減らさなければいけない状態になり相談にいらっしゃいました。

相談から請求までのサポート

ご本人は仕事をあけることが出来ず時間がとれない状況でしたので奥様より日常生活の聞き取りを行い、文章にまとめたものをご本人と奥様に確認して頂き病歴就労状況申立書を作成しました。認定日請求と事後重症請求を一緒に行う方法をとり、見落としがちな診断書の不備を確認し提出に滞りがないよう病院に訂正依頼を行いました。

結果

結果として認定日から2級決定し、遡って受給ができました。小さなお子様もいらっしゃるご家族のお父様でしたので、フルで働けない分の生活補填として障害年金が受給され本来の年金の役割が果たされた結果となりました。障害認定日の頃から年金の申請を考えていらっしゃったそうですが、忙しさでなかなかできなかったとのことです。遡り受給も出来、お役に立てて安心いたしました。

受給事例の最新記事

難病の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中