一度知的障害で不支給になったが、その後事後重症で支給になったケース

相談者(性別・年齢)

40代 男性

傷病名

軽度知的障害・自閉症障害

決定した年金種類と等級

障害基礎年金2級 金額約78万円

受給事例

一度知的障害で不支給になったが、その後事後重症で支給になったケース

ご相談にいらした状況

お母さまが相談にいらっしゃいました。生まれつき知的障害をお持ちで療育手帳Cを取得していたため息子さんが20歳の頃障害年金の申請を行ったそうですが不支給になったそうです。今後息子さんが一人で生活をしていかなければならい事を考え障害年金の申請をもう一度考えましたが、障害者雇用枠で長年勤務しているがそれでも受給になるのかどうか分からないことと、一人で手続きを行うことに不安を感じ相談にいらっしゃいました。

相談から請求までのサポート

実際にご本人ともお会いして面談をさせて頂き、生活習慣をヒアリングさせていただきました。通院・服薬はない状態でしたが非常に生きづらさを感じていらっしゃるご様子でした。病院に診察に行く事をおすすめし、実際に診察をしていただいたところ自閉症障害も持っていらっしゃることがわかりました。生活習慣についてヒアリングした内容を医師にお伝えしたことも参考にしていただけたようで詳しく診断書を仕上げて頂けました。

結果

事後重症で2級が認定されました。医師のご協力とご家族のサポートのおかげで頂いた結果だと思います。真面目で純粋なご本人さまでしたので、今後も就労をご自身のペースで続けていけることを応援しております。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中