ガン疾患で受給になったケース

相談者(性別・年齢)

50代 女性

傷病名 

左乳癌術後再発・多発骨転移・胃・肝転医・骨髄癌腫症

決定した年金種類と等級

障害基礎年金2級  金額約14万円

受給事例

ガン疾患で受給になったケース

ご相談にいらした状況

寒い冬の午後、ご主人の付き添いのもと相談者が事務所に来所されました。ガン発症から今までの闘病記録をノートに記載されており、隅々まで読ませて頂きました。ご本人はすでに出来うる治療が限られているものの、初めて障害年金制度をお知りになり詳しくお話しを聞きたいとのことでした。

相談から請求までのサポート

疲労感が強く長時間の話し合いや着席していることが困難なご様子でしたので、ソファーに横になってもらってなるべく端的にお話しを進めました。いつ症状が急変してしまうか分からない状況でしたので、とにかく早く手続きを行うことに専念しました。  

結果

結果として2級として障害年金が受給となりましたが、その時ご相談者様はすでにお亡くなりになっておりました。せめて決定したことだけでも知ってほしかったと残念でなりませんでしたが、ご家族から「お母さんは受給を喜んでいると思います」と声をかけて頂き涙が止まりませんでした。未支給年金のお手続きなども含め最後まで年金サポートを行わせていただきました。ご冥福をお祈りいたします。

がんの最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中