末期腎不全で障害厚生年金2級を受給した事例

相談者(性別・年齢)

男性 50代

 

傷病名

末期腎不全

 

決定した年金種類と等級

障害厚生年金2級   金額約170万円

 

受給事例

初診日の特定が難しかったケース

 

ご相談にいらした状況

人工透析を受けるようになり、年金事務所で障害年金相談をしたところ「初診日が分からないと申請できない」と言われ諦めてしまい、自分で進めていた手続きを中断して半年ほど放置していたそうです。その後透析により収入減が落ち込み、諦めていた障害年金について相談させてほしいと連絡を頂きました。

初診を証明する物は何もなく、病院にもカルテが残っていない状態だが諦めずチャレンジしたいという思いより受任を頂きました。

 

相談から請求までのサポート

糖尿病の初診にさかのぼる必要がありましたので、本当に何も記録が残っていないのか初診の病院から一つ一つ本人と協力しながら丁寧に聞き取りをしました。3件目に受診した病院で、当時の入院していた記録画面が残っており、次の病院での初診日証明も取ることが出来ました。ご本人より丁寧に聞き取り、病歴就労状況申立書に初診の頃の状態や具体的なエピソードを詳しく記載しました。

 

結果

 結果として厚生年金での2級決定となりました。当時の糖尿病手帳なども全部破棄してしまったとの事で初診の証明が大変でしたが、ご本人と医師の協力により受給できることができました。一度年金事務所で「申請できない」と言われてしまったそうですが、諦めない気持ちを行動に移した結果として受給が決定し本当に良かったと思います。

受給事例の最新記事

腎疾患・腎不全・人工透析の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中