統合失調症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者(性別・年齢)

30代 男性

傷病名 

統合失調症

決定した年金種類と等級

障害厚生年金2級  金額約122万円

受給事例

統合失調症で障害厚生年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況

在職中の多忙から来る疲労困憊で統合失調症を発症された方のお母さまがご相談に来られました。発症後、治療に専念され、就労支援にも通われましたが、長続きしなかったとのこと。また通院、在宅にも付き添いが必要な状況であること。そしてご両親が年金生活に入られることで、これからの息子様の経済的なことを案じられて相談に来られました。

相談から請求までのサポート

病歴が長く、転院もしていたため初診の証明書である受診状況証明書の取得から手続きのサポートが始まりました。経年経過で初診の病院にはカルテが残っておらず、2か所目の病院に確認したところ受診状況等証明書が取得できました。
就労時から発症、その後の様子の他、ご本人の生きづらさや疾患による生活の不便さを合わせて丁寧にヒアリングさせていただき、ご両親のサポートが無ければ日常生活が成り立たないことも、病歴就労状況申立書に反映させました。

結果

結果として、障害厚生年金2級が決定しました。経済的な負担が少し楽になると、ほっとされたようです。支給が決定した後、事務所にいらしたときは、たくさんの感謝の言葉を頂き、私も大変うれしく思いました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中