腰部脊柱狭窄症で3級を受給したケース

相談者(性別・年齢)

50代 男性

傷病名

腰部脊柱狭窄症

決定した年金種類と等級

障害厚生年金3級   金額約67万円

受給事例

腰部脊柱狭窄症で3級を受給したケース

ご相談にいらした状況

4年前、激しい腰の痛みに襲われ、整形外科を受診し、ブロック注射を受けたが改善されずその後悪化してしまったとの事。県外の病院を受診し、手術を受けられたそうです。以前からの仕事を継続しているものの、今までの現場作業の仕事は出来ず、事務仕事になったそうです。そのため、収入が減少してしまいお困りのご様子でした。

相談から請求までのサポート

発病からのご本人様の状況を丁寧にヒヤリングさせていただきました。手術を受けられても尚、下肢のしびれや、脚の感覚がなくなる事、外出時は装具の着用が必要な事、また歩行には杖が手放せないことなど、現在の生活、仕事上のお困りの状況を、くまなく病歴・就労等申立書に反映させるよう、記載させて頂きました。その他、受診状況等証明書や診断書取得のサポートをさせていただきました。

結果  

障害厚生年金3級を決定となりました。ご本人様からの喜びの声を聞かせて頂き、日ごろのご本人の御身体の苦労の状況も案じておりましたので、受給できてほっとしております。少しでも経済的にゆとりをもってお体に留意し、生活して頂けたらと思います。

受給事例の最新記事

肢体の障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中