糖尿病で障害厚生年金3級受給したケース

相談者(性別・年齢)

40代 女性

傷病名

糖尿病

決定した年金種類と等級

障害厚生年金3級   金額約60万円

受給事例

糖尿病で3級受給したケース

ご相談にいらした状況

体に血糖管理を行う装置を24時間装着している方でした。糖尿病の認定基準を見て、血液検査の結果から自分の状態は当てはまるのではないかと思いご相談を頂きました。

「糖尿病の医療費だけでかなり経済的な負担が大きい。もし認定されれば負担が減るため申請をしたい。」というご本人の意向にお手伝いすることとなりました。

相談から請求までのサポート

糖尿病の認定基準が変更になっていることを知らないお医者様もいらっしゃるため、糖尿病の新たな認定基準について書かれているリーフレットと診断書の記載要領など医師が診断書を書きやすいようサポートしました。

またご本人から先生に相談したいことをどのように伝えてよいのか、伝え方が分からない場合は、一緒に考え協力しながら手続きを進めていきました。

結果

無事に3級受給決定しました。ご本人も安心されたご様子で、「新しい装置を試す提案が医師からあったが、今までの装置よりも高額になるためどうしようか迷っていた。

医療費の負担が軽くなることは、悩みがひとつ解消されて安心できました。」との言葉を頂きました。お子様もまだ小さく、ご自身の体のことだけではなく様々な役割を頑張っていかなければならない方です。

年金が受給できた事で少しでもご不安が解消されとてもうれしく思っております。

受給事例の最新記事

腎疾患・腎不全・人工透析の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中