業務多忙によりうつ病を発症し障害厚生年金3級を受給したケース

相談者(性別・年齢)

50代 男性

傷病名 

うつ病

決定した年金種類と等級

障害厚生年金3級  金額約87万円

受給事例

業務多忙によりうつ病を発症し障害厚生年金3級を受給したケース

ご相談にいらした状況

正社員として就労されていた方で、あまりの多忙さに、ご自身の精神を病みながらも就労を続けていらっしゃいました。休職を繰り返しており、そのたびに傷病手当金を受給。お子様もおられ、次回休職すると退職になってしまうかもしれないと、ご自身のこれからを心配されていました。障害年金の制度、受給の可能性を無料相談でお話しさせて頂きました。

相談から請求までのサポート

現在は休職したくとも職場の状況が許さないこと、日常生活についての困りごとを、一つ一つ丁寧にヒアリングさせていただきました。初診日を確定させるための受診状況等証明書が病院の都合で取れず、カルテ開示請求で対応しました。また、認定日請求のため、診断書を2通取得し、無事障害厚生年金の請求となりました。

結果

結果は認定日請求による遡及の受給は認められませんでしたが、事後重症で、障害厚生年金3級が受給できました。ご本人から受給のお知らせがあった時は、私もほっとしました。ご本人も「これで安心しました。」と喜んでおられました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中