初診日の受診状況証明書が取得できなかったケース

相談者(性別・年齢)

50代 女性

傷病名

統合失調感情障害

決定した年金種類と等級

障害厚生年金2級 金額約78万円

受給事例

初診日の受診状況証明書が取得できなかったケース

ご相談にいらした状況

ご主人が障害年金の制度を知り、ポスティングを見て相談に来所されました。請求人になるのは奥様で、初診は昭和にさかのぼります。病院にはすでにカルテはないものの、ご主人が当時診療された際の診察券・領収証・入院のご案内のリーフレットを保管しておられ、「これでなんとか障害年金の請求ができないか」とのご相談でした。

相談から請求までのサポート

奥様は発病当時からすでにご主人の扶養に入っていましたので国民年金加入中でした。ご主人は転勤の多いお仕事できたので、転勤に従って奥様も病院を転々としており一番古い病院から受診状況証明書を書いてもらえる病院を追いかけました。初診の病院で受診状況等証明書が取得できなかったため、3番目と4番目の病院に受診状況等証明書を書いて頂き初診からの経緯に整合性があるよう整備しました。実際に奥様と面談をさせて頂き、奥様自身の生きづらさや疾患による生活の不便さを聞き取り病歴就労状況申立書に反映させました。

結果

初診日の受診状況等証明書は取得できませんでしたが、ご主人の保管していた領収書と入院のご案内のリーフレット等、他の医療機関からの受診状況等証明書を合わせて初診日を確立させることができ、障害状態についても2級と認定されました。

奥様は一見すると疾患を持っていないかのように礼儀正しい優しい方でよくお話しをされます。躁状態が継続しており、周囲には病気という事が理解できないかもしれません。今まで人知れず闘病してきた奥様とご主人にとって、経済的な負担や将来への不安が少しでも軽減されれば幸いです。奥様の早期寛解を祈ります。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中! 029-846-5631

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 029-846-5631 インターネットで24時間受付中